石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第一節 學校

文武兩學校の所在は前後三たび變遷せり。初め寛政四年開校の時には、今の兼六園中の西南部に在りて、この地は元と老臣横山氏の邸地なりしが、元祿十年に上地となりし所なり。然るに前田齊廣の時、世子の爲こゝに新を起さんとするの議ありしを以て、文政二年二月二十七日學校授業休止し、舊奧村伊豫守有輝の別邸たりし今の兼六園内の東隅に移築し、六月六日開講せり。葢し世子の新と稻するものはその名義に止り、實は齊廣が異日の隱棲に宛てんと欲したるなり。齊廣退隱の意あることを初めてその老臣に告げたるは、早くも二月二十八日に在りしを以て之を知るべきなり。既にして建築の業に着手せられしが、規模次第に擴大し、移築せられたる學校の敷地を併合するの要ありしかば、五年三月十二日再び授業休止して、之を仙石町なる舊と大槻内藏允の邸址に轉ぜしめ、七月その功を竣へたり。爾後廢の時に至るまで、學校は常にこの所に在りき。

明倫堂及び經武館扁額 石川縣師範學校