石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第二章 儀式慣習

第二節 風俗

四月十五日、石川郡大野湊神社神事能あり。世に之を寺中の能と稱す。諸橋・波吉兩大夫隔年に技を演じ、出張の役人は先手物頭二人・歩横目一人・宮腰町奉行及び町同心とし、宮腰町付足輕は警固の任に當り、舟手足輕之を輔く。見所に棧敷又は外圍を設くることなく、四民隨意に觀覽するを許せり。但し古くは産子村民の爲に觀覽の地割を施しゝが如し。