石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第二章 儀式慣習

第一節 典禮

正月七日、人日なるを以て、登城の輩は服紗小袖・麻上下を着し、先手物頭・割場奉行及び河北門・石川門・橋爪門に出勤するものは熨斗目・麻上下を用ひ、三丸等の御番人は服紗小袖・麻上下とす。この日出仕したる人持以下、組頭並又は物頭並以上の者大廣間に着座する時は、年寄の一人藩侯に代りて面接す。蓋し年頭御禮の際即に藩侯に謁したるが爲にして、その外上巳・端午重陽に於いても藩侯は多事なるを以て賜謁を缺き、藩侯江戸の佳節朔望に於いても亦然り。而してその謁見あるとなきとに拘らず、是等の日に出仕するものは先づ奏者番に對面し、奏者所執筆の與力をしてその姓名を帳に録せしむ。