石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第二章 儀式慣習

第一節 典禮

正月二日、藩侯熨斗目・長上下を着して大廣間に出座し、馬廻組及び昨日拜禮するを得ざりし頭分・大小將・新番等の拜禮を受く。此等は皆献上の鳥目をその前に置き、列座して惣禮し、奏者番之を披露す。終りて藩侯の入らんとする際、通路柳之間に於いて能大夫竹田權兵衞等の拜禮あり。次いで御居間書院三之間に於いて、近習頭及び昨日以外の奧小將等の拜禮を受け、之間に於いて昨日以外の表小將の拜禮を受く。