石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第二章 儀式慣習

第一節 典禮

次いで年寄及び家老には松之間二之間に於いて、若年寄には別室に於いて吸物・雜煮・酒を賜はり、終りて近習頭を以て庖丁の鶴を賜ふとの意を告げられ、年寄・家老・若年寄は共に御居間書院二之間に於いて鶴の吸物・取肴及び酒の饗を受く。