石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第二章 儀式慣習

第一節 典禮

城内に於ける年中行事の最も重きを正月となし、その慣習作法頗る煩雜を極む。凡そ元旦より諸門に松飾・注連飾を粧ひ、三日に至る間は大手河北門・搦手石川門・橋爪門及び三丸等に足輕を配置し、先手物頭及び割場奉行亦番所に在りて警備に任じ、登城の士皆熨斗目・麻上下を着用するを要し、特に知行八百石以上のものは長上下を着けざるべからず。但し藩侯江戸の留守中に在りては先手物頭等の警備を除くを法とす。