石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第一章 制度法規

第四節 租税

町人納税義務に就いては略上述せるが如し。而して士人に在りては年頭御禮・初御目見・跡目相續加増知拜領・新知拜領・叙爵仰付役儀仰付・縁組御禮・子弟被召出・隱居御禮等の場合に當りて、定額の太刀馬代・時服料・肴料・鳥目等を藩侯に献上して謝恩の意を表することありといへども、是等は御禮錢又は献上物と稱し、藩侯内帑の收入となるものにして、租税とその性質を異にす。役銀及び出銀と稱するもの、その趣旨藩侯を輔け、又は諸士互助の爲にするものにして、純粹なる租税にはあらざるなり。