石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第一章 制度法規

第四節 租税


 一、錢四萬二千七百四十七貫七百九十六文    能登國
  内
一萬五十二貫八百七十八文         定納之分
  此譯
   九千三十四貫八百二十文          山  役
   三百七十九貫九百八十文          苦竹役
   五貫七百文                野  役
   三貫文                  草  役
   三貫九百文                末森城下苅
  二百五十八貫百四十七文          地子役
   百貫四百文                傳馬役
   六十一貫八百文              鍛冶役
   十四貫文                 紙漉役
   十貫文                  川  役
   一貫八百文                海鼠腸役
   二貫四百文                生海鼠役
   三十四貫二百文              串海鼠役
   五十二貫八百文              漆  役
   二十五貫八百文              針金役
   十五貫二百文               蠟  役
   百六十貫二百文              炭竈役
   二十七貫九百文              索麪役
   六貫文                  島  役
   五十五貫九百文              海士島役
  〆一萬二百五十三貫九百四十七文
  内二百一貫六十九文             雜租取立人え相渡候錢
  殘一萬五十二貫八百七十八文
 一、三萬二千六百九十四貫九百十八文      不同之分
  此譯
   百八十一貫五百十五文           鳥  役、但見圖に而征合無御座
   八十四貫百文               鮭川並川役、但右同斷
   三十貫八百文               釣  役、但右同斷
   千三十八貫二百四十文           渡海船役、但槢一枚に付七百文宛取立申候
   九百二十貫二十文             獵船並手船役、但槢一枚に付五百文宛取立申候
   五百八十一貫百三十文           小役、但一艘に付三百文宛取立申候
   六百十貫九百九十文            網  役、但網に寄取立方不同御座候
   百九十一貫四百文             紺屋役、但一軒に付一貫五百文宛取立申候
   二百八十四貫四百文            室  役、但一軒一貫文宛取立申候
   百十四貫六百八文             鍛冶役、但一軒に付五百六十文宛取立申候。其餘ヶ
                        所に寄不同御座候
   十五貫文                 鍛冶炭役、但一軒に付五百文宛取立申候
   七十九貫八百二十文            炭竈役、但竈一枚に一貫三百文宛取立申候
   百九十六貫二十文             油  役、但油臼一柄八百文、油振賣役三百文宛取
                        立申候
   百二十四貫六十文             豆腐役、但町方一軒六百文、在方一軒百五十文宛取
                       立申候
   二千七十四貫五百二文           酒造役、但慶應三年迄造米百石に付二貫五百文宛取
                        立、明治元年より造米百石に付二石宛之代錢取立申候
   千二百三貫二百文             質  役、但一軒に付三貫文宛取立申候
   九十九貫九百五十八文           藥種並合藥賣藥等役、但一軒一貫五百文より五百文迄
                        取立申候。其餘品に寄不同御座候
   十一貫八百文               藥草土洗役、但一軒に付一貫文取立申候
   五十九貫九百十二文            蠟燭役、但蠟一斤に付十五文宛取立申候
   二十三貫六百四十文            紙漉役、但漉船一艘に付三百文宛取立申候
   三十四貫八百文              古城下刈役、但見圖に而征合無御座
   二十八貫九百文              索麪役、但一軒に付五百文宛取立申候
   五貫五百四十文二歩            地子米、但年々米平均直段にて取立申候
   三百五貫七百八十五文           地子錢、但ヶ所に寄取立方不同御座候
   二十貫四百文               金山役、但見圖に而征合無御座
   三百七十四貫七百文            漆搔役、但一人に付一貫五百文宛取立申候
   五貫九百七十六文             澗  役、但一人乘より七人乘迄一人に付六十文、八
                        人乘以上一人百文宛取立申候
   千八百四十二貫九百八十九文四歩      石炭役、但目方十貫目に二十文宛取立申候
  二千七百八十八貫七百七十五文二歩     魚口錢、但品に寄取立方不同御座候
   三貫文                  生海鼠役、但一村一貫文宛取立申候
   九百貫文                 鱈  役、但見圖に而征合無御座
   二十五貫九百文              烏賊役、但右同斷
   十五貫六百文               刺鯖役、但右同噺
   二十一貫五百文              湖獵役、但右同斷
   三百二十三貫九百六十二文         浦  役、但右同斷
   百三十五貫二百文             傳馬役、但右同斷
   十二貫九百文               四十物役、但右同斷
   七貫文                  和倉湯役、但右同斷
   五十七貫三百十八文四歩          布判賃、但一疋に付八文宛取立申候。慶應二年より
                        取立方指止候
   一貫三百七十文八歩            布  役、但一反に付二文六歩六厘六毛宛取立申候。慶應二年より指止申候
   一萬七千三百九十三貫八百七十九文八歩   出入津口錢、但入津の品、代錢之百歩一取立、出津之
                        品、代錢之百歩一より百歩二迄取立申候。慶應元年九
                        月より入津口錢取立方指止申候
   七百六十一貫二百四十五文四歩       陶器瓦等製造運上錢、但見圖に而征合無御座
  百五十七貫七百八十五文六歩        洩物代錢、但右同斷
   六百三十七貫九百三十文          宮林等損木代、但右同斷
  〆三萬二千八百九十六貫八百五十二文八歩
  内二百一貫九百三十四文八歩         雜租取立人え相渡候錢
  殘三萬二千六百九十四貫九百十八文
  定納分と合四萬二千七百四十七貫七百九十六文
 一、菅笠 木綿 蠶繭 蠶種紙  苧絈 牛馬 海草 筵 塗物
 右品々他所え賣出候節、代金百歩二宛税金取立申候。
〔舊領地租税録〕