石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第一章 制度法規

第三節 司法

又全くその罪を論ぜすして放免することあり、之を最早御宥免と稱す。假令ば、缺落人の郷里に復歸したるを、父母兄弟より屆出でざりし如き輕微の犯罪者を、禁牢に處すべき意見を具して藩侯に上申する時、藩侯最早御宥免の指令を下すことあるが如き是なり。