石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第一章 制度法規

第三節 司法

犯罪者その意志にあらずして法に觸れたる時、實刑を科することなく、主人又はその他の關係者をして永く拘置監督せしむることあり。之を永御預と稱す。假令ば亡氣にて放火せるもの、了簡違によりて訴状を提出せるものゝ類なり。