石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第一章 制度法規

第三節 司法

生袈裟は、寛文中その師によりて放逐せられたる僧侶が、寺院中に侵入し、子衣類を盜みたるものに科せしことあり。生袈裟の刑名は僧侶にのみ適用せしものなるべし。後世この種の犯罪に對しては、臟物の多少に依り、斬刑又は追放代刑に處することゝせり。