石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第一章 制度法規

第一節 職制

班列の八家に次ぐものに人持組あり。人持の名は夙く天正中より見えて、多數の從屬を有するものゝ義なり。末に至りては、人持の數七十家を數へ、封祿の大なるものは一萬四千石より、小なるものは千石に及ぶ。人持中より家老と若年寄とを選任し、年寄を輔佐して一政務を分かつ。小松城學校方御用主附・勝手方御用主附は、年寄と共に人持よりも選任せらるゝことあり。その他、小松城番・寺社奉行與力裁許・公事場奉行・御奏者番・御預地奉行出銀奉行・定火消・御佛殿並別當屋敷請取火消・三箇寺請取火消・聖堂並學校請取火消等、皆人持の士より選任せられ、御算用場奉行・御近習御用・魚津在住・今石動氷見城端支配も亦平士と混じて命ぜられ、後に闕職となりたるものには江戸御留守居・大横目・奧御奏者番等あり。又人持の一種にして寄合人持と稱するものあり。その數末に於いて十六家を算し、食祿二千石より四百五十石に至り、常に無役なるものとす。