石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第六章 大聖寺藩治一斑

第七世利物は、利道の第三子にして、利精の同母弟なり。寳暦十年正月十七日大聖寺に生まる。幼名虎次郎、後安永三年正月十六日主水と改む。天明二年兄利精の將に致仕せんとするや、その庶子皆幼なりしを以て、幕府に請ひて八月二十一日家を利物に讓りき。十月朔日利物家督の禮を行ひ、十二月十八日從五位下に叙し、美濃守に任ぜられ、四年五月入部せしが、幾くもなく八年九月二十七日齡二十九を以て江戸の邸に卒せり。豐成院と諡し、實性院に歸葬す。利物は富山前田利幸の女を娶りしが、文化二年四月十三日歿し、桐陽院と諡せらる。