石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第六章 大聖寺藩治一斑

利章の嫡男利道第五世の主となる。利道の母は家臣内藤友眞の女にして、享保十八年四月二十四日江戸に生まれ、幼名を造酒丞といひ、元文二年十月二十七日父の遺領を襲ぎしが、時に齡甫めて五歳なりしを以て、未だ柳營に上ること能はず、延享二年二月に至り初めて將軍吉宗に謁したりき。四年十二月十九日利道從五位下に叙し、壹岐守に任ぜられ、寛延二年五月初めて入部し、三年四月二十五日備後守と稱し、寳暦四年十二月十八日從四位下に陞る。次いで安永七年五月二十五日疾を以て致仕し、七月四日遠江守と改め、天明元年正月十四日卒す、年四十九。顯照院と諡し、實性院に歸葬す。利道富山前田利隆の女を娶りしが、寳暦八年二月二十八日利道に先だちて歿し、寳光院と諡せらる。寳光院は嫡男利貞を擧げしが夭亡したるを以て、庶子利精に家を繼がしめ、その弟利以は七日市侯を襲ぎ、利幹は富山侯利謙の嗣となる。大聖寺藩侯の血族、加賀三支の主となりしもの實に盛なりといふべし。