石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第六章 大聖寺藩治一斑

第二世利明利常の第五子にして、寛永十四年金澤に生まる。母は長連龍の女南嶺院。幼名萬吉丸、次いで美濃と稱し、稍長じて大藏と改む。初の諱は利成。萬治二年二月兄利治に養はれてその嗣となり、五月初めて將軍家綱に謁し、十二月二十七日從五位下に叙し、大藏少輔に任ぜらる。三年七月三日封を繼ぎ、八月越中新川郡の領九ヶ村を能美郡六ヶ村と交換せらる。江沼郡那谷村もこの時領内に歸す。寛文元年十二月飛騨守と改め、三年十二月二十八日從四位下に叙し、元祿五年五月十三日江戸邸に卒す、時に年五十六。大機院と諡し、實性院に歸葬す。大正六年十一月十八日利明正四位追贈せらる。蓋し産業奬勵の功を賞せられたるなり。利明初め上杉定勝の第三女龜を娶りしが、寛文四年七月二十五日歿して法泉院と諡し、尋いで本多忠義の女勢幾を繼室とせり。勢幾享保四年十二月十八日歿し、慈眼院と諡せらる。