石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第五章 加賀藩治終末期

第八節 本多政均の遭難

然らば奸邪を以て政均を目するに至りたるは、眞に沖太郎等獨創の見に出でたりや、若しくは彼等が人格の簡樸粗野なるに乘じて窃かに之を操縱する傀儡師ありたりや。彼等の口供書に據れば、この陰謀は實に自己の發意に基づくとなし、上坂丈夫が憂國の士なるを以て悌五郎は同志をして之に面會せしめんことを企てたることあるも故ありて止めりと記し、同志以外一人の密計に參與せるものなしとすれども、石黒圭三郎岡野外龜四郎より聞きたりとして傳ふる所は之と異にして、この陰謀は第一に慶寧側室の兄久徳傳兵衞成を得、保守黨たる執政前田直信及び舊と家老たりし青山將監悳次二人もまた共に善後の事に任ずべき默契を得たるを以て、沖太郎等をして實行の決意を爲さしむるに至れるなりといへり。圭三郎は外龜四郎と共に元治の變に罪に坐せし人にして、又朋友として互に親善なりき。是を以て外龜四郎は陰謀を圭三郎に告げたりしが、圭三郎は之を輕擧なりとし、沖太郎等をして斷念せしむべきことを外龜四郎に勸告すると共に、己は友誼上秘密を世に漏洩せざるべきを誓ひ、東京に去りて名を桂正直と改め、事件の勃發せる時には公務所に職を奉じたりといへり。是に由りて推測するときは、沖太郎等は元來直信を崇拜すること甚だしかりしを以て、誤りて政均を奸人なりと信じたりしものにして、當時失意の境遇に在りたる久徳傳兵衞及び上坂丈夫等は之に乘じて幾分煽動する所ありしにあらずやと疑はる。又近藤勝綜といふ者あり。井口義平近親にしてその隣家に住せしが、事變の前義平の擧措平生に異なるものあるを見、屢その妄動するなからんことを戒め、且つ義平の机中より青山・篠原・生駒・上坂等舊人持組に屬したる士の交名書を發見せしかば、義平が彼等と共に政均を怨望するにあらざるかを糺したりしに、義平はその實情の一端を語りて、この計畫たるや實は壯士輩が血氣に逸りて企てたるにはあらず、隱に幇助する有力者あるに因るといへり。勝綜乃ち益その非なる所以を諭せりといへども、義平は毫も耳を傾くるの色なかりしと傳ふ。この談亦同じく、種々の意味に於いて政均を忌むものゝ策動せしことを證するものなり。