石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第五章 加賀藩治終末期

第七節 北越戰爭

加賀藩人持組今枝民部直應は、この年閏四月二十日を以て境を守備すべき命を受け、手兵を率ゐて越中泊に在りしが、六月二十九日更に越後進軍を命ぜられ、七月五日泊を發し、十五日長岡に着し、次いで本營の指揮により十二潟村の戰線に進み、田邊仙三郎の隊に交代せり。之より後附屬炮隊を中央に置き、銃隊を左右に展開し、薩の一小隊と共に日夜戰鬪に從事せしが、二十四日の夕に至り明日朝七半時を以て進軍すべき命を得たり。然るに夜四時敵兵不意に來襲して我が堡壘に迫り、附屬炮隊は邀撃して一時その勢力を殺ぎしも、六半時に至りて更に猛烈を加へたりしかば、今枝隊の勇士十一人は薩兵と共に壘を超えて敵の側面を突撃し、之を灰島村に追ひしが、偶後方長岡方面の賊勢益熾なるが如くなりしを以て、又十二潟に退きて之を固守せり。然るに同日夕、戰况甚だ險惡に陷り、長岡との連絡全く斷絶し、前面の敵愈多きを加へ、且つ右方筒場口の戰鬪盛に起りたるが故に、參謀は遂に今枝隊に命じて河を渡りて退却せしむるに至れり。今枝隊乃ち小荷駄を整へ、河畔黒津村に至りしも、この夜豪雨雷鳴あり、加ふるに唯一隻の小あるに止りしかば、往返十數回の後二十六日朝七半時に至りて全員を槇下に上陸せしむるを得たり。