石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第五章 加賀藩治終末期

第七節 北越戰爭

七月二十六日津田隊は大島に在りしが、參謀の命によりて下山村に移りしに、夜に入りて敵大島方面に發炮せしを以て、我も亦之に應戰せり。二十八日夜、長岡の敵篝火を焚くこと前日に十倍し、螺を吹き太鼓・鑼を鳴らして喧騷を極め、又盛に炮撃して虚勢を張りしが、二十九日朝五時十日町村方面に炮聲を聞き、次いで兵燹の起るを見、四半時に至り對岸に兵士一兩輩の來往するを認めたりき。津田隊乃ち號旗を振りて檢せしに、友軍の上陸せるものなるを知りたるを以て、直に小に乘じて渉り、戰ふこと之約半刻間にして、彼の應戰頗る衰色あるに乘じ突撃して長岡に入れり。時に城中既に空しく僅かに兩三の負傷者を留め、樓櫓亦焰煙の中に在りて將に倒壞せんとせり。津田隊の兵乃ち白布に『加州乘取』と大書し、これを城門に掲げたりき。既にして各の兵陸續城下に入りしを以て、津田隊は參謀と議して筒場村に進出し、薩及び高田を援けて敵を潰走せしめ、次いでその地の巡邏に當り、八月朔日筒場を發して今町に入る。この戰功により、九日津田玄蕃は藩侯感状を得たり。

 今度越後國え出兵、爲人數惣司同國長岡え出張之處、前月廿四日夜賊徒不意襲來、市中致放火烈敷及攻撃候節、堅固に敵を防、二十五日一先信濃川を越令對陣、同二十九日察機會長岡城下え撃入、城を乘取賊を被追退候段令承知諸藩出勢之眼前において被殿魁之功、偏依其方武勇勝利候儀、當家之眉目不感悦候。彌可忠勤之状如件。
    慶應四(明治元年) 八月九日                  慶   事 判
      津田玄蕃殿
〔慶應出陣記事〕