石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第五章 加賀藩治終末期

第七節 北越戰爭

五月十七日曉天降雨盆を覆し、河水爲に暴溢して堡壘を湛はしめしかば、士卒の戎衣悉く濡れ苦戰その極に達したりしが、敵の發炮も頗る緩漫にして殆ど前日の半にだに及ばざりき。その後河水益漲り、夜に入りては炮車半ば水中に沈み、隊員皆一たび大島村に退くを請ひしが、小川隊長は之を郤け、今や勝敗の數將に定らんとす、縱令水量の更に多きを加ふることあるも陣地を撤するを許さずと斷言せり。然るに幾くもなく雨止み星光燦として輝き、衆大に喜ぶ。翌十八日快晴、昧爽より戰状最も活況を呈せしが、炮司西坂丙四郎以下死傷多く、士氣甚だ沮喪したりき。この日午下、長藩の報國隊は小川隊に知照し、下流なる槇下より小四隻に分乘して對岸中島に向かはんとせしに、中島及び寺島を守れる敵之を見、忽ち彈丸を河心に雨注せしめしを以て、小川隊は上流草生津に猛撃を加へて敵勢を牽制し、一兵の發する所千餘丸、銃身熱して把る能はざるに至る。而して長藩の兵は、既に危險を冐して中流に浮べりといへども、敵の亂射に堪ふる能はず、遂に船首を回して加賀藩の陣地たる沙洲に着したりき。是より先、小川隊の沙洲に在るもの、連戰三日に亙り、炮彈を發射すること一千二百、銃丸に至りては幾萬なるを知らず、困憊頗る甚だしかりしを以て、齋藤隊は出で、これに代り、小川隊を大島村に還して鋭を養はしめき。然るにこの夜三好參謀は、明旦總攻撃に移るべしとの令を發したるを以て、小川隊は再び齋藤隊と交代して沙洲に入り、長藩の報國隊も亦中島口を襲はんと企て、槇下に潛伏して敵情を窺へり。