石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第五章 加賀藩治終末期

第七節 北越戰爭

桑名藩兵の柏崎を棄てたる後、小川仙之助の隊は閏四月二十九日進みて之を占領し、簑輪知太夫の隊も五月三日を以てこゝに入り來れり。因りて翌三日部署を分かち、小川隊の一小隊及び水上炮隊の一炮門を田塚に、宮崎及び水野隊を春日に、簑輪隊一小隊を茨目に置き、而して基礎隊を柏崎に、金子隊を不動院に、近藤隊と齋藤隊とを中濱に陣せしめき。