石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第五章 加賀藩治終末期

第四節 元治の變

福岡文平、諱は集義。與力なり。甲子の事に座して十月二十六日閉門に處せらる。

                               福 岡 文 平
 右文平儀、不容易取組致し居候福岡惣助抔の申分を信用致し、書物等取次、御國難の端を生じ、且つ惣助御咎中、代判も致居乍罷在、他之者抔引入候儀不心付、且つ幸三を初め、毎年人寄致し候儀も其儘に致置候族、不屆之儀に付閉門仰付

慶應三年二月文平の閉門を解き、原祿三分の一を減じ、尚その家に屏居せしめしが、翌明治元年三月謹愼を免ぜらる。此の年文平北越の役に從ひ、二年十月金澤藩權大屬となり、名を朝倉集義といひ、尋いで大屬に進み、同十二年八月六日五十二歳を以て歿す。