石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第五章 加賀藩治終末期

第四節 元治の變

岡野外龜四郎諱は政以。藩士利兵衞の第四子なり。元治甲子の變に座し、父と共に罪を得て十月二十六日公事場禁錮せらる。

                               岡野外龜四郎
 右外龜四郎儀、父判兵衞同樣過激之説相唱候に付、先達て心得違之趣申渡置候處、今度於京都彼是之所業も有之候族不屆に付、於公事場縮所入被仰付

慶應三年二月出獄して尚その家に屏居せしめられしが、明治元年三月再び謹愼を解かる。四年慶置縣に及び、外龜四郎は名を四郎と改め、金澤縣大屬に任じ、更に石川縣大屬となり、又司法省十等出仕に補せられ、明治十一年六月二十八日を以て歿す。