石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第五章 加賀藩治終末期

第四節 元治の變

岡野判兵衞、諱は政繹。大小將組に班し秩二百十石を食む。元治の變に座し十月二十六日閉門に處せらる。

                               岡野判兵衞
 右判兵衞儀、浪士輩同樣過激之説を以て彼是同志申合、今度御上中並御引取等に付ても彼是致周旋候族、不屆之儀に付閉門仰付

慶應三年二月その閉門を宥し、原祿百石を減ぜしが、尚その家に屏居せしめき。明治元年三月判兵衞更に謹愼を解かれ、同十年十一月一日を以て歿せり。