石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第五章 加賀藩治終末期

第四節 元治の變

高木守衞諱は有制、人持組大野木將人の臣なり。守衞素より國學に通じたるを以て、勤王の志あり。元治の變に座して十月二十六日永牢に處せらる。

                           大野木將人家來給人
                               高 木 守 衞
 右守衞儀、小川幸三等同樣過激之説を以て多く黨を集め、陪臣の身分を以て彼是御國事を相論じ、過激の内にては巨魁の者に候處、豫て書物等悉く致仕抹候之体、巧成仕形不屆に付永牢仰付

明治元年三月大赦令によりて守衞の罪を宥したるも、獄中同囚を毆打したるを以て再び入獄を命ぜられしが、十月放免せられ、即日舊主より原祿を給せらる。明治四年金澤縣廰の大屬となり、石川縣十等出仕に轉じ、後白山比咩神社祠官に補せられ權大講義に任ず。七年五月病みて歿す。年五十三。