石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第五章 加賀藩治終末期

第四節 元治の變

青木新三郎諱は秀枝。料理人青木義登の長子にして、天保四年六月二十六日を以て生まる。弘化中父の蔭に因り、別に七人扶持を賜はりて料理人となる。秀枝武技に熟し、又國學を橘守部に受け、夙に勤王の志を懷き、交を志士に結べり。元治元年四月秀枝藩侯父子に上書して勤王の大義を論じ、次いで慶寧に隨ひて上洛し志士と相往來せしが、歸藩の途八月十六日小松に捕へられ、篠原猪太郎忠篤の邸に禁錮し、十月十九日切腹せしめらる。二子權太郎・代次郎亦連座して流に處せられしも、年尚幼なるを以て一類預となれり。

                               青木新三郎
 右新三郎儀、不破富太郎同樣長藩へ取組、堂上方の内へ立入り不容易取組有之、叛逆之徒小島彌十郎を匿候族、不屆至極に付切腹仰付

享年三十二。辭世の歌にいふ、『朝夕に君の御爲と思ふより外に心はたもたざりしを』、又『いさぎよく血汐となりて枝々を我おくれじと散る紅葉かな』。明治二年十月新三郎の前罪を赦し、三年十一月祭粢料をその家に給す。次いで二十四年九月靖國神社に合祀せられ、十二月十七日特旨を以て正五位を贈らる。