石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第五章 加賀藩治終末期

第四節 元治の變

この難局に當りて、藩侯齊泰の苦心は實に慘澹たるものありしが、今や慶寧をして再び上洛せしむる如きは、年壯氣鋭なる慶寧の到底肯んぜざる所なるべく、假令強ひてこれを還らしむるも、加賀藩の面目を維持するに於いて何等の利益なきを以て、潛心熟慮の結果、慶寧謹愼を命じて國に就くを許し、從臣の主なるものを自刄せしめて責任を負はしめ、然る後自ら江戸に赴きて陳謝すべしとなし、七月二十七日更に前田土佐守直信・不破彦三爲儀を遣はして命を傳へしめき。直信の越前に入るや、恰も山森權太郎等の歸るに遇ふ。依りて侯の意慶寧の歸藩を許すにあることを告げ、權太郎等をして先づ海津に還りて之を報ぜしめたりき。是を以て大野木仲三郎は獨袂を別ちて金澤に入れり。