石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第五章 加賀藩治終末期

第四節 元治の變


 當月十九日曉天、長州家來共禁闕に向ひ及亂妨候次第、不容易形勢之由に候處、折節筑前守(慶寧)病氣に付、同日地致出立候旨令承知候。何と歟別段趣意有之候而之事に候哉難計候へ共、豫而重き御守衞仰居候事、別而右樣切迫之節に臨み逃去候貌(カタチ)に而、武門之途を取失ひ候樣相成候而者海内の耻辱と相成、勤王之趣意度々之建言も水上之泡と相成、家之瑕瑾とも可相成儀に候。今度御手前儀(長連恭)、禁裏爲守護急速差遣候條、於途中筑前守え右之趣被申聞、假令病氣に而下知は成り兼候共引返し、京師守衞之任を不取失樣急度覺悟可之儀。病氣等之樣子案事由儀は申迄も無之候へ共、如斯場合に至り候而者何分其處には難換事に候。何れ引返し累代之武名を穢し不申樣、覺悟可之事に候條、是等之趣能々會得いたし候之樣可申達候事。
〔御用方手留〕
       ○