石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第五章 加賀藩治終末期

第四節 元治の變


 紙面遂披見、被申越候趣令承知、追々不容易時勢に相臨、御手前(榮通)にも不一方心配存候。察之通り、此方に於ても深く案事申事に候。長州御取扱之儀に付而者、筑前(慶寧)より尚又存寄申達置候由に候得共、唯今と相成候而は最早朝廷・公邊之御所置に隨ひ不申而は難相成場合に被存候趣、精々筑前え被申達候由、尤之事に候。然處附頭等之内種々建言之者有之体に而相迷ひ、今以申立通に致し度體、此上強而主張いたし候而は、朝敵違勅と相成不容易儀と被存候旨、尤之儀。再三申立候上之分に候へば、此上強而致主張候而は長州荷擔の樣にも相當り、不然儀。然上は被申越候通、乍殘念是非儀。彼是無二念御處置に隨ひ可申筋と存候間、御手前存寄通り無泥筑前え助言可之候。且右樣之趣に而は、誰人も一致に有間敷哉と甚掛念に付、一統え被申渡方別紙を以申達候通りに候。且折惡敷筑前不快に付、病氣申立致歸國度底意之趣、御手前迄極内申聞候旨に而、存寄も令承知、言語同斷之事に候。此儀に付而は夫となく筑前迄諸事心得申遣候。御手前存通り、此節に至り病氣申立歸國抔と申儀不存寄事に候間、其心得を以無泥助言可之候。其餘萬端心配多之事に可之と、深察申事に候。諸事無油斷指引有之度存候。
〔御親翰留〕
       ○

 今般筑前守(慶寧)、京都守衞之台命を蒙り、御守衞向手配も相調候へば歸國も可致筈之處、折節長州家中之者多人數罷登、強而歎願之筋申出、不容易形勢之趣令承知。右者若筑前守歸國後に候へば、速に上致而者不相成儀。左候而茂右急迫之點には後れ可申處、在中に而一段之幸不之事に候。如斯切迫之場合に臨候而者、無二念禁廷守護宸襟候儀を大本に相心得、何れも勇氣を蓄へ、如何に茂靜謐に有之、筑前守下知を相守一致有之、若及異變候儀も有之候はゞ、抛身命、毫末茂武門之瑕瑾無之樣、厚相心得一際奮發勉勵抽忠勤候樣厚相心得可申、此段在之者一統え可申聞候。以上。
    七月五日(元治元年)                         中  納  言齊泰
      奧村伊豫守殿
〔御親翰留〕