石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第五章 加賀藩治終末期

第四節 元治の變


 六月五日筑前守樣水野和泉守殿え御持參被遊候御書面
 今般再度御上洛、公武御一和、天下之大幸無此上儀と難有次第奉存候。然上者一向に先達而勅答被仰上候通、鎖港之御所置急務と奉存候。今度勅命之御文中、無謀之攘夷者有之間敷旨被仰出候者、幾重にも攘夷之道に策略を盡し成功を奏すべき儀を被仰出候御儀と相心得申候。左候へ者何れ海内一致之全力を得、正氣を鼓動不仕候而者相成申間敷奉存候。然時者國内之人望を不得侯而者相叶申間敷、聊に而も人心に背き候御處置御座候而者、諸大名を初天下之士民心を離し、甚に至ては過激に趨候樣相成、長州父子の如く或は先達而櫻田等之變事の如きにも至り、處々潛伏之浪士黨を結び事を計候機常に不絶候。是を制せんといたし候共、一人を制すれば却而百人奮起し、終に制し盡候期は有之間敷候。彼輩之所行を論じ候へば、天下之法憲を犯し、政府之典刑を竊み、殺戮を恣にいたし候等之罪は有之候へ共、其元者正義を旨といたし候者に而、無罪之者を切害仕候儀も傳聞不仕候。中には浪士に紛れ暴戻強盜之所行之者も有之候へ共、是等は獄吏之手に而成敗之候得者事濟可申、別に御配意之筋は有御座間敷と奉存候。有志之徒においては、何分尊王攘夷之御實行不顯候而者治り申間敷候。此大義さへ被立候に於ては、士民專忠誠を抱き競て攘夷之先登可仕候。右之通に候へば、禁廷之思召を被遂、急速鎖港之實事天下に相顯れ候樣、幾重にも御處置有御座度奉存候。鎖港と申時は、諸港不殘御鎖無御座候而者御國是相立申間敷候得共、何分只今三港一時に御鎖と申事は、容易に難被成御次第も可御座に付、指向横濱一港を急速御鎖被遊、長崎・箱舘は嚴法を以暫く御免被成置候儀、先達而父中納言齊泰)申上候通に御座候。乍併自然償金を以事を計候樣之儀に而者、彌増人心に相障、鎖港之にも相劣り可申。元來償金之不然儀を申候得者無饜強欲之戎夷共莫大之貨財を貪り一旦は退き候共、餘事に託し數々渡來いたし候はゞ、其度毎に償金を被遣候はゞ不年に國用相果、自亡に至り候儀必然之道理に御座候。左候得者畢竟及戰爭候御決心無御座而者不相成儀者申迄も無之、唯今之躰に而者勅意御遵奉と者乍申、爾と鎖港之實事發見無御座に付、諸民慷慨之餘り不測法憲を犯し候所へも至り可申候。先達而攘夷之儀天下え布告にも相成候儀、何分信義を不失樣仕度儀に御座候。就中長州御征伐之御内評と申巷説を承り、同苗(齊泰)建言仕候趣も御座候。長州御處置之趣により人心之向背にも指響可申候へば、於彼方安意可仕御取扱有御座度奉存侯。是等之趣心付申候儘、不憚奉申上置候。以上。
    六 月  日(元治元年)                       松平筑前守(慶寧
〔舊金澤藩事蹟文書類纂〕