石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第五章 加賀藩治終末期

第四節 元治の變


 二月二十日、晝九時過御用番三左衞門(横山)・土佐守(前田)え、以山森權太郎左之筑前守樣御親翰渡下。昨日京都聞番より申來候今度長州征伐之儀等不容易付、急速御建白無御座而者被成間敷旨等被仰上候。
 今度長州征伐被仰出候に付熟考仕候處、素より暴成所業者度々有之、幕府之命にも違、當時之處亂賊之樣に相見え候得共、其實は尊王攘夷の決心に而、國民一致叡慮貫徹いたし候樣に盡力可仕存込之處、八月十八日の動搖、忠と存込候而仕候件々、違勅之樣に成行候より、過激の餘り暴逆之所行茂有之候へ共、其實は忠義より出候事件に而可憐可哀、事情不幕府え敵對之姿に而、曾而無謀之所置共不存候間、先暫寛宥之御取扱に被成置、公武御一和益御實意に御整被遊候はゞ、恐懼服從可仕と奉存候。鎖港之儀、横濱は全部御閉、長崎・箱舘之儀者策略に而先此儘御居置被遊と申御建白、尤に被聞食、其御所置に相成候之樣伺候。右に付而者横濱鎖港之御使舊冬出帆西行中にていかゞ可相成哉、中々容易に承服仕間敷、承服不仕時者嚴を以斷然と御鎖被遊候より外は無御座候。其時者彼方より必兵威を以威可申は必定の儀。左候へば一旦夷戰相始可申、只々眼前危急之御場合に臨み候時節、武人は一人に而も大切に保育仕度急務之處、長州征伐相成候而は双方勵合之合戰にて無益之損亡不少、莫大之人數損失仕候而、國に益無之而疲弊は幾干難計。然上に横濱應接承服不仕して、又夷戰と相成候而者疲弊而已に而、彌外國人之術中に陷り候儀、深歎息之至極に候間、何れにも横濱鎖港之事實天下に顯れ候迄は、皇國之御爲と被思召、寛恕之御卓見に而長州之儀此儘御居置之樣に仕度事に御座候。横濱鎖港彌御執行之上は、得と長州え公武之御趣意御懇に御教諭遊候はゞ無彼是承服、其上に而彼より暴亂に又候はゞ、其時者天下人心之離れ候事に而、天誅立地に被行候事。夫迄は何れにも御寛大之御深計有之度事御座候。一旦被仰渡御評決と相成候上は、御威光にも指障候御趣意御尤には御座候得共、右者諸侯之内より忠誠を以周旋仕候はゞ暴發可仕樣も無之事。就者御家老等御差遣説得仕候儀も、幾重にも御手數を盡度心算に御座候。其上之所は右御周旋に付上仕候而成共精誠之處相働申度、急速御詮議無之而者機會におくれ可申哉と奉存上候。以上。
    子  二  月(元治元年)
〔舊金澤藩事蹟文書類纂〕
       ○