石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第五章 加賀藩治終末期

第三節 錢屋五兵衞

五兵衞の長子喜太郎は俳號を霞堤と稱し、晩年には荷汀に改め、別に拾翠園・青翠園・翠園・晩翠舍又は芙蕖舘ともいへり。喜太郎の俳句は一門中最も勝れ、當時の俳客が多く錢屋を訪ひたるは、この霞堤ありしが爲にして、龜巣が風流に向かひしも亦霞堤の感化を受けたるによると言はる。元治元年五月廿九日歿。享年五十六。喜太郎の弟佐八郎は素由又は曾由と號し、間々作句あり。慶應三年六月廿三日歿。享年不詳。殊に一女ちかに至りては春湖・柳年を師として略その堂に入り、後病を得て山中温泉に在るや、日夕吟嘯を樂とせり。文久二年六月廿九日歿。享年二十三。一門の風騷此くの如く盛なるものありしが、啻り要藏はその趣味を異にし、宮腰の謠曲家番附に於いて大關の地位を占め、手跡亦甚だ妙なりしといへども、俳諧は之を好まざりしが如く、路堂の號を以て稀にその作品を見るのみ。

    蓮翹や日にうら表なしに咲       霞 堤
    よい程になつては燃る蚊やりかな    同
    散たのでさかり見えけり萩の花     同
    初冬を聞く氣になるや雨の音      同
    窮屈な行儀つくつてきそ初       素 由
    仰向てたゝずむ鶴やかすむ畑      同
    無事いうて菊に別るゝ旦かな      同
    しぐれ來る夜や低う聞く松の音(孤松時雨) 同
    晨明の田にし拾ひやかきつばた     路 堂
    紅梅や磯の家にも鈴の音        千賀女
    せつかれて温泉に入る頃や時鳥     同
    飛でからさだまる聲や庭の虫      同
    入相や時雨にかはる温泉の香      同