石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第五章 加賀藩治終末期

第三節 錢屋五兵衞

錢屋五兵衞石川郡宮腰の廻船業者にして、その先は能美郡清水村の農に出づ。五兵衞より七世の祖に清水屋市兵衞あり、初めて居を宮腰に移し、兩替を業とせしを以て、遂に屋號を錢屋と稱す。市兵衞の後三世にしてまた市兵衞あり。初め子なかりしが故に三右衞門といふ者を養ひて嗣とせしが、既にして實子彌吉郎を得るに及び、産を割きて別に一家を爲さしめき。彌吉郎後に祖父の名を襲ぎて五兵衞といひ、航海を業とす。その二子五兵衞又家を分かち、茂助之に襲ぐ。茂助は安永二年十一月廿五日に生まれ、長じてまた五兵衞といへり。世に封建末期の豪商として喧傳せらるゝ五兵衞即ち是なり。茂助の弟に又五郎あり。又五郎の子は橘芳齋と號し、刀圭を業とす。その橘氏を冐しゝは、清水屋の本姓なるが故なりと傳へらる。是に由りて觀れば、彌吉郎の家は義に於いて支族に屬すといへども、血統に在りては祖先の正系を享けたるものとし、茂助の系は又之れより分かれしなり。

   錢屋元祖、元祿元年二月十六日歿、釋宗甫                  二代目、寬永三年七月十一日歿、釋宗圓
市兵衞──────────────────────────────────五兵衞────────────────────┐
┌───────────────────────────────────────────────────────────┘
│   三代目、享保十年正月三日歿、釋圓勝       四代目、圓勝養子、享保七年正月九日歿、釋道意
└市兵衞──────────────────┬─三右衞門
                      │     五代目、初名彌吉郞、圓勝嫡子、寳暦五年八月五日歿四十四歳、釋宗映
                      └─五兵衞─────────────────────────────────┐
┌───────────────────────────────────────────────────────────┘
│     六代目         七代目         八代目、分家兵衞娘ます聟    九代目
│┌與三兵衞─────────與三八─────────與三八──────────   與三八   
└┤   錢屋分家祖、文化八年六月五日歿     ○○○ 分家二代目、初名茂助、嘉永五年十一月二十一日牢死、八十歳、釋宗啓
 └五兵衞────────────────────五兵衞────────────────────────────────┐
     七十歳、釋宗哲                                                │
┌───────────────────────────────────────────────────────────┘
│    本家與三八妻、天保八年正月廿一日歿、三十歳、釋尼貞男
├ま す
│    文化十一年正月六日歿、八歳、釋尼證榮
├つ る
│○○○ 分家三代目、元治元年五月廿五日歿、五十六歳、釋宗貞    天保十三年十二月廿六日歿、十歳、釋尼智信
├喜太郞───────────────────────────┬ゆ き
│    金金澤小倉屋次助妻                  │   文久二年六月廿二日歿、廿六歳、釋尼妙音
├し げ                           ├千 賀
│    宮腰小竹屋善兵衞妻                  │   弘化三年九月四日歿、四歳、釋宗圓
├せ い                           ├常五郞
│○○○ 慶應二年六月廿三日歿、釋宗耀             │   分家四代目、初名余松、明治三十六年八月
├佐八郞                           └余三郞 三十日歿、五十五歳、釋玄領
│    文政五年四月廿三日歿、五歳、釋尼智榮
├の ぶ
│    本吉竹三郞兵衞妻
├と し
│○ ○ 初本家八代目與三八養子、後離縁、嘉永六年十二月十三日刑死、三十三歳、釋宗遵
├要 藏
│    錢屋分家茂助妻、明治十九年十二月廿一日歿、釋尼順誓
├り う
│    文政十年九月十九日歿、四歳、釋宗信
└吉藏
〔錢屋過去帳〕