石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第五章 加賀藩治終末期

第二節 黒羽織黨及び海防

翌安政元年正月十三日亞米利加の軍艦は相州浦賀に來りて、前年の回答を得んとせり。是に於いて將軍家定は、十六日を以て諸藩に命じて江戸近海を戍らしめしに、加賀藩品川及び御殿場に兵を配置し、十九日芝浦に轉じ、廿八日村縫殿右衞門陳正に命じて兵五百五十餘人を率ゐ芝増上寺に屯せしめ、二月十五日山崎小右衞門籍知の隊をして陳正に代らしめしが、廿八日江戸の戒嚴を解きたるを以て、籍知も亦罷め歸れり。齊泰次いで三月十三日奧村助右衞門榮通を遣はして能登の沿海を巡視せしめ、又四月十三日江戸よりの歸途、越中魚津に於いて自ら戍兵の演武を閲せり。この月又領民の異國船を認めて注進するものあるとき、宿をして特に利便を與へしめんが爲、豫め飛脚札を海岸諸村に頒てり。

 一、食事之事  一、草鞋之事  一、指□(當)り雨降之節雨具之事
 一、月無之夜提灯之事  一、足痛に而難歩行節人足等之事
    嘉永七年(安政元年)四月                       御  郡  所
 異國(裏)船注進飛脚  石川郡倉部村渡り
〔石川郡旭村倉部區有〕