石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第五章 加賀藩治終末期

第二節 黒羽織黨及び海防

關澤房清は通稱を六左衞門といひしが、後に安左衞門と改め、老を告げたる後遯翁と號せり。天保元年家を襲ぎ、馬廻頭に班し、祿二百五十石を受く。七年内大に飢ゑし時、自ら資を投じて賑恤せし所多し。既にして石川郡本吉港の裁許となりしが、恰も凶歳の後を受け、民力の疲弊甚だしかりしかば、房清は勸めて甘藷を植ゑしめき。本吉附近に甘藷あることこゝに始るといふ。十一年房清、議容れられざるを以て職を辭せしが、弘化四年割場奉行に補せられ、年寄長連弘を輔けて舊弊を釐革し、嘉永六年には小松馬廻番頭に轉じ、町奉行を兼ね、次いで安政元年譴を蒙りて職を免ぜられき。房清乃ち屏屈して養蠶の事に從ひしに、先に凶荒の際救恤せられたる者、墻壁の外より桑葉蔬菜を投入して恩に報ぜり。五年房清又事によりて重譴を蒙り逼塞を命ぜられしが、文久三年宥され、能登に移りて在番となり、元治元年京師に役せし時恰も蛤御門の事變に會し、禁闕の守備に任じて功ありき。これを以て班頭並に進み、復割場奉行を兼ぬ。明治元年伏見・鳥羽の變に房清適京師に在りしが、前田孝錫の命によりて變報をに致し、北越の役にはの監軍となりて又功あり。後越後民政局に出仕し、權判事に任ぜられ、晩年東京に住し、明治十一年七月八月七十一歳を以て歿せり。房清人と爲り、眞摯にして硬直、常に國事を憂へ、士氣を振作することを怠らず。横井小楠嘗て房清を見て曰く、我北陸に於いて一知己を得たりと。佐久間象山も亦之と親善なりき。