石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第五章 加賀藩治終末期

第一節 奧村榮實の献替

加賀藩主第十三世前田齊泰施政は文政に初り、天保・弘化・嘉永・安政・萬延・文久・元治を經て慶應に及ぶまで四十五年間に亙り、時恰も江戸幕府末期の匇忙に際したるを以て、藩治も亦頗る多事多難なるを免るゝ能はざりしが、その最初に起りたる事件は、先侯齋廣監國政治に與りたる組頭を中心とする一派と、今侯齊泰の親政に伴ひて新たに廟堂に立ちたる年寄に荷擔する一派との軋轢排擠なりき。