石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第四章 加賀藩治停頓期

第五節 社會種々相

加賀藩の演劇は、安永四年八月以降許可を得て、金澤春日社内・宮腰等に淨瑠璃芝居を興行せしを以て再興の初とするが如く、しかも尚表面は木遣狂言と稱したりき。春日社に在りては、朝六半時に赴く者すら入場する能はざる程に人氣を博し、十二月二十七日に至るまで繼續せり。翌年五月より又松任・山上村等に興行あり、同六年五月にも卯辰八幡社に木遣狂言ありき。その後漸く隆盛となり、天明四年二月には金澤愛染院が寺用支へざるを以て芝居興行の許可を得、その收益頗る大なりしかば他の寺社にも之に倣ふものを生じ、翌年六月卯辰八幡社は人形操を催し、春日神社・神明神社等また之に次げり。是等の俳優は、初め皆他國より入り來りしが、幾くもなく目むき仙藏・泣與三助以下多くの地方俳優を生じ、諸社の祭禮にも常に祭芝居の行はるゝものあるに至れり。しかも是等興行地の許可せられたるは寺社又は郡地のみなりしが、同三年十二月は城下の民心を和順ならしむるの策を町奉行に諮問せしに、町奉行歌舞伎狂言を興行するを以て是なりとし、千日町の町端に五十間四方の地を劃して之に當てんと請へり。年寄等乃ち之を採納せんと欲せしも、家老の輩は假令歌舞伎を行はしむるも民心をして和順ならしむべき理なしとし、多年坊間に演劇の公行を見ざりしに、今之を許すときは却つて放逸懦弱の氣を助長すべしと説き、以て強硬の反對を試みしかば議遂に行はれずして止めり。