石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第四章 加賀藩治停頓期

第四節 教諭政治

齊廣の時に於ける土木の他の一を兼六園經營とす。その地金澤城の東南に接し、古山崎村の在りし所なりといふ。前田氏の世に及び横山長知・奧村榮明等の邸地となりしが、元祿九年九月轉地を命ぜられたるを以て十年十一月退去し、爾後空閑に屬すること九十六年にして、寛政四年初めて文武學校興造せり。然れども當時の地形は、學校の北邊に一路ありて、廣坂より修理谷坂に通じ、この路を隔てゝ蓮池(レンチ)あり、之に續きて城濠ありしが故に、學校蓮池とは自ら別區を爲しゝなり。抑蓮池の地たる、慶長六年前田利常夫人江戸より下りし時その附隸の臣を置きし所にして、當時江戸町の稱あり。元和八年夫人歿したる後はの御貸小屋あり。の金工後藤程乘の寄宿したるも亦此處なりといふ。下りて萬治中作事場の建設せらるゝありしが、延寳四年その城内に移さるゝに及び、前田綱紀はこの區域を江戸町御亭の用に充てき。江戸町御亭の主なる建造物は蓮池御殿にして、一に蓮池御屋敷とも蓮池亭ともいひ、外に馬場御亭等ありたるを見る。蓋し蓮池金澤御坊が城内に在りたる時、後の百間堀の所に蓮を植ゑたる池沼を存したるに起り、次いで之に添ふ江戸町一帶の地名となりたるより何時しか音讀することゝなれるなり。蓮池御殿の久しく存したりしことは、重凞の世延享四年十月に老臣を會して觀楓の宴を開き、重教寳暦五年五月に幕府巡見使をこゝに招きて饗したるに徴して知るべし。然るに九年四月、城下大火災ありて蓮池御殿亦類燒せしが、安永三年五月治脩はその一部に瀑布を作り、瀧見之亭を建てたりき。今の翠瀧及び夕顏亭といふもの是なり。後上之亭・之亭・内橋之亭を起し、景勝漸く整備せり。その上之亭といふはもとの蓮池御殿の遺址に在りき。
文政二年齊廣蓮池の南方學校附近を撰びて菟裘を起さんとの意あり。乃ち學校を一隅に移し、亦その附近にありし前田三内・豐島小十郎・不破勘太夫等の邸をも轉ぜしめ、蓮池との間に在る道路を廢して一區とし、こゝに園囿居舘の工を起し、五年三月には再び學校廣坂通に移して邸内の地域擴大し、十二月十六日移徙の儀を行ひ、新殿を竹澤御殿と名づく。竹澤御殿の結構は頗る巧妙を極め、辰巳用水を利して園中に紆餘曲折せしめ、巖石の布置・林樹の栽植皆巧妙を極め、近く翠微の蜘蜒に對し、遠く湖海の茫洋を望み、勝景多く比類を見ず。齊廣乃ち白河侯松平定信に請ひて園に名づけしめしに、定信は宋の李格非が洛陽名園記に、『園圃之勝。不能兼者六。務宏大者少幽邃。人力勝者蒼古。多泉石者難眺望。兼此六者惟湖園而已。』とあるを取りて、『兼六園。文政壬午季秋樂翁書。』と記して之を贈れり。後之を刻して園の正門に顏す。是より先承應元年以來、城内に一鐘を置きて時刻を士庶に報ぜしが、街區遠近の差ありて餘韻普く四方に達せざりしかば、齊廣は新たに竹澤殿御に時鐘を設け、文政六年八月四日以降從來の一日十三割の制を十二割に改めて正時刻と稱し、澤田義門・遠藤數馬の二人をして刻割主付たらしめき。初め鑄る所の鐘佳ならず。是を以て十月再び造る。その銘文の末尾に十二月と刻するものは何の故たるかを知らず。然るに世人その法に慣れず、却りて之を不便とせしを以て、齊廣の卒後七年十二月二十八日之を廢せり。
竹澤洪鐘銘
 粤稽古刻漏。肇軒轅氏而宣夏商云。周禮有挈壺之制。並悠邈措而不鑿焉。盖本朝時鐘之彰。孝徳天皇大化爲濫觴。歳躔彊圉協洽。尋灼然令式。如自鳴鐘以測。自慶長而取捷便者也。在我金城。則以承應改元置鐘之起原。然後一百有七十餘甲子。緜々不斷矣。伏惟贒太公嘗爲世次不闕。雖統莅位。而天資鳴謙。不躬自以徳處。在其大任也。鬱耻于内但一日。故至痾亦從生。客冬爲之遂發撝挹之隱志。讓提封三闔國於冢嗣今侯。營別殿離舘於城東竹澤之地而遷之。永養痾不鎭之貴也。然候貴庚未滿志學。故大君以睠々台命。要侯而秉治柄。國卿大夫亦切勸之。太公猶尚欲之。而仁情之不忍。愍國民之失父母。不已而從之。擧擢忠良。貶黜悖惡。遍布名教於方内。殫扇仁風於芻蕘。於是乎苛刻澆漓之俗遠絶。而迄犬馬帷盖之恩。懽心之所結。百姓謳歌。仰萬壽於南山。盛也哉丕矣。丁斯時太公以爲。城鐘所寘軹一口。單音不通都。而朝儀之於遲速。衞士更直之於上下。或農商之於出入。凡國事百期。動輙易愆。是以乃歳命鳧氏。新鑄洪鐘。別選金澤金水相生之地而寘之。且淘汰前來運算之推差。分天之睽錯。垂正範於萬世不窮。使號信人人不惑也。猗不亦慈渥之恩擧哉。臣景周恭承嚴旨之銘。其辭曰。
  〓臺正尾。 金墉直東。 列嶽鍾秀。 流泉玲瓏。 遐襟湖瀛。 邇枕疇田
  翼軫可摘。 嘘吸通天。 名苑嘉樹。 瑞英珠聯。 奇禽鶴鶴。 維翥維翾。
  玄寰丹闕。 亶神僊居。 爰命鳬氏。 側〓鎛虡。 仰弗象。 坐俾時明
  鏗錚瀏湸。 蒲牢吼聲。 奚翅雊雉。 響徹周聽。 四民百爾。 出入罔惑。
  惇仁之設。 永定遺則。 矧揆圭臬。 革從前忒。 忽以詳。 盈縮歸匡。
  龔勒昭徳。 錫恩無彊
   文政六年發未冬十二月初吉拈筆於黄金澤水之上。   七十八翁臣富田景周頓首謹識
     文政六年癸未十月                御鑄物師 村山四郎兵衞正久
〔竹澤殿時鐘銘〕
文化・文政に卒去せる主に治脩齊廣あり。又治脩の世子たりし齊敬あり。今その略歴を附録す。

松平樂翁兼六園額 石川縣物産陳列所藏

 
 

兼六園古圖 金澤市巖如春氏藏