石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第四章 加賀藩治停頓期

第四節 教諭政治

齋廣政務を攝行したるは二年に滿たざりしが、その方針の常に移風易俗に在りしことは尚初の如くなりき。即ち文政六年には大に藩士の就學を奬勵せんと欲し、二月十五日教諭を發して日く、近時青年の輩にして文學校に學ぶもの漸く多きを加へたるは喜ぶべしといへども、人持・頭分の士に至りては殆ど講書の定日に出席するものなしといへり。蓋し此等の輩は、公務繁劇なるを以て已むを得ざるによると、學術亦既に練達せるものあるによるならんも、の要職に在るものにして聽講せずんば、恐らくは年少子弟を奬勵すること能はざるべし。望むらくは各奮勵して力を講學に費さんことをと。次いで十二月齊廣更に組頭を側近に延見して示すに教諭五ヶ條を以てせり。その一に曰く、新年の娯樂とする萬歳制限し、その式三番叟以外は用辭鄙猥にして彝倫を害するものあるを以て之を演ずるを禁ず。二に曰く、禽鳥を捕獲するが爲に高構等を行ひ、娯樂の目的を達せんとして天物の生を斷つことを禁ず。三に曰く、三味線は淫聲にしてその唱歌醇風を破るものあり。武家の婦女子を教養する所以にあらざるを以て之を玩ぶを禁ず、四に曰く、賭博の禁は歴世の法令に明文あり、自今嚴に之を恪守すべし。謠曲亂舞は侯自身も亦之を好むといへども、士人に在りては私に娯樂とする程度に止め深く耽溺するを許さずと。齊廣の時弊を除くに急なるものありしを見るべし。同月齊廣また老臣に命を下して曰く、余先年來風俗を正しくせんと欲し、屢組頭諭示する所ありしは卿等の親しく知る所なり。是を以て積弊少しく革る所あるに似たりといへども、未だ樂しみて上の欲する所に赴かざるものなきにあらず。夫君臣は一體なるを以て、臣にして君の心を心とせざるは、譬へば手足に病患あるが如し。余之を憂へて復組頭を召し、一々教諭の條目を示し、且つ彼等をして各その意見を言はしめ、然る後定むる所を諸頭に頒布せしめき。卿等亦この意を體して各配下を率ゆる所あれと。齊廣が移風易俗に關する頻々たる教諭の發布は、之を以て終末とす。齊廣禁令の中、所謂高構の捕鳥は藩士の最も好む所にして、殆どこれを爲さゞる所のもの稀なりしが、是より先にも一たび禁令あり。藩臣富田景周はこれを以て君徳の禽獸に及ぶものなりとなし、禁殺令擴義を作りて之を賞せり。

 猗偉矣哉。賢太公之徳量。一令興三州之仁。獨斷矯百年之弊。於是乎安于故俗之常人。溺于逐臭之小人。愕然自失革面。夫殺生之道。非擧而爲不仁。易大傳謂。庖犧氏作結繩而爲網罟。以佃以漁。則物夫可殺殺之。何不仁之有乎。若爲之于浮屠殺生放生。而怯幽冥之報應。則庖犧氏。是人間之聖人。而地下之罪人也。公之本志。豈爲浮屠哉。孟子曰。見其生其死。聞其聲其肉。又禮曰。諸侯故不羊。丈夫無故不犬豕。葢仁令之所縁而出也。在其可殺殺之。則剛鬣柔毛腯肥翰音之祭儀。法膳陪鼎鹿鳴魚麗之燕饗。或王侯畋獵兼試民風之設。或養老醫藥之用。或虞人漁郎恒産之業。是也。然而先王。猶爲之有制有節。獺未魚不魚。鳩未鷹不尉羅。不麛不卵。不胎不巣。使物各遂其生而不夭。是即不王者代天之仁道哉。如其欲告朔餼羊釁鐘一牛。仁傷如息者。聖賢既所取亦可察也。至其害于世。則雖兩頭蛇之微物。孫叔敖理之。矧〓狼鴆蝎蛟〓蝗〓之惡族。有大害者。視之則不殺而何爲。擴而充之。雖唐堯之竄三苗。孔子之誅少正卯。湯武之征伐。其揆一耳矣。今則異之。事故戕害。不殺否。壹是巧弋罟諸術之機辟。以禽魚。爲荒佚之遨本。軽父母遺體。而蹈悚然危僻。極千仭嶽不測澤。以彼驚怖我好玩。以彼困苦我歡樂。不翅於人情戚々所忍而忍之。殺之如蕉。絶無惻隱之片生。孟子所謂非人者公然不耻。久之習與性薫陶。其流風擧。萬人一心百凡荒廢。爭歸之猶水之就下也。故献可謇諤之信索爾。雖于職于官之有司。而不處其素餐。動輙扼腕抵掌。相語以食言。誇巨敷羽鱗。而毫無遜讓色。儛蹈而不置。非瞶々可盧胡之太甚裁。葢事物不兩全模稜。於文武之道日疏。奉職之勤易惰。共在朝也。魂神爲之飄々乎。坐駈于百里之外。其在家亦放心。無翼與利飛。從總角華顚。風飧露宿。生涯跋渉。葢棺而始止耳。可屋而歎矣。今茲文政癸未。太公以不世出之英明。發千古未發之大識眼。聽惡聲則除之如讐。見善道則赴之如鶩。越悛既往之積弊。下嚴然新令。禁無故之殺生。絶鄭衞之淫曲。純儉素奢靡。内則勸聖教于泮宮。外則勵百武于演場。永使忠貞基業垂萬世不弛不拔之彝則者。方今吾儕千載之昌遇。幸莫焉。藩士翅承式守之。拳々服膺于性情隱微之誠底。感得恩徳緘砭時病之篤。則榮路之階。吉祥之宅。不面謏苞苴而宜之。景周感激之所至。先記風正俗時體之一端。而竊備馬齒伏櫪之遺忘也。若夫自餘更張之味。甞此一臠。全鼎之美可了知矣。
    文政癸未十一月二十五日
〔富田景周禁殺令擴義〕