石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第四章 加賀藩治停頓期

第四節 教諭政治

齊廣の封を襲ぎしは享和二年三月九日なりしが、この年八月二十五日初めて國に就き、十月先づ組頭に諭して、偸安を戒め忠信を守り、以て藩士の目標となるべきを以てし、翌三年閏正月再び教を組頭に下す所ありき。曰く、今や承平日久しく風俗頽敗して孱弱に流れ、貲財を無用の華麗に費して文學武技を顧みざるが故に、組頭中その職に在れども任に堪ふる能はざるものも亦之なきにあらず。の制、卿等に屬せしむるに配下の士を以てせり。されば卿等は將に彼等を善導して風俗を敦厚ならしめ、士道を失墜せしめざるに努めざるべからずと。是の日又人持組の士に諭して曰く、卿等の祖先は皆の爲に勳勞ありしものなるを以て、位を貴くし祿を重くし、子孫をして世々之を承けしめしなり。然るに卿等今やその源を忘れ、動もすれば輙ち門閥に誇り騎奢を競ひ、珍膳美服に意を注ぎて、苟も下情に通達し治務を完くするの重責あることを知らず。否らざれば則ち吝嗇を以て儉約と誤り、貨殖を計るを旨として仁惠の何たるを忘るゝもの、職として不學無識に由らざるはなし。今より以往心を文學と武技とに專らにし、以て君國に奉ずるの道を盡くさざるべからずと。