石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第四章 加賀藩治停頓期

第二節 財政逼迫

重靖次いで封を襲ぎしが、在職六ヶ月に滿たずして易簀し、重教之に代れり。吉徳延享二年を以て卒せしより、重靖の寳暦三年卒去するに至るまで凡そ九ヶ年の間に藩侯の大故に會すること四回、襲職の典を擧ぐること亦四回なり。是によりて藩の財政が更に悲境に陷りしことは言を待たず。その結果遂に銀札發行せざるべからざるに至れり。