石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第四章 加賀藩治停頓期

第一節 大槻騷動

前田宗辰吉徳の長子にして第七世の主なり。享保十年四月二十五日金澤に生まる。母は江戸浪士村田氏の女淨珠院。宗辰童名を勝丸といひ、元文元年十月初めて江戸に出づ。二年四月六日犬千代と稱し、翌日又左衞門利雄と改む。四月二十八日初めて將軍吉宗に謁し、六月廿八日柳營に於いて首服を加へ、正四位下左近衞權少將兼佐渡守に叙任し、偏諱を賜ひて宗辰と改む。寛保二年九月十六日初めて國に就き、延享二年六月父吉徳卒したるを以て、七月二十五日襲封を命ぜられ、八月四日加賀守に任じ、十月十八日左近衞權中將に進む。三年十二月八日享年二十二歳にて江戸に卒し、十二日發喪、大應院梅關雪峰と諡し、野田山に歸葬せり。