石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第三章 加賀藩治恢弘期

第四節 極盛極治

綱紀光高の子にして、寛永二十年十一月十六日江戸に生まる。母は清泰院。童名は犬千代。正保二年四月光高卒したるを以て、六月十三日將軍は松平信綱・酒井忠勝を遣はして家督を續がしめき。承應三年正月十二日千代柳營に於いて首服を加へ、正四位下左近衞權少將兼加賀守に任ぜられ、偏諱を賜ひて綱利と稱す。萬治元年祖父利常薨じたるを以てその致仕領を併せ、閏十二月二十七日左近衞權中將に陞せらる。貞享元年正月元日綱利諱を綱紀と改め、元祿六年十二月朔日參議に任ぜらる、中將故の如し。寳永四年二月二十八日從三位に叙し、享保八年五月九日致仕し、六月十五日肥前守に改め、九年五月九日八十二歳を以て江戸に薨ぜり。諡して松雲院徳翁一齋といふ。遺骸は同月二十日江戸を發し、六月七日金澤天徳院に着し、十日野田山なる先塋の次に葬る。後明治四十二年九月十一日從二位を贈らる。