石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第三章 加賀藩治恢弘期

第四節 極盛極治

綱紀既に退老したりしを以て、先侯利常の例に倣ひ菟裘小松に營まんと欲し、幕府に請ひてその許可を得たり。是に於いて翌九年三月を以て國に就かんことを期し、豫め殿閣の修營を命ぜしに、諸般の準備漸く成りし頃より病状甚だ佳ならず、四月上旬に至り益篤きを加へたりしかば、大に名醫を招きて湯藥を進めしめ、又靈神靈佛に祈願せしめき。因りて五月二日將軍は丹羽式部少輔薫氏を邸に遣はして綱紀の病を問ひ、五日藤堂伊豆守良端をして重ねて來邸して魚を贈らしめしが、此の日綱紀は今侯吉徳を招きて身後の計を語り、九日午下溘焉として薨ぜり。

 相公(綱紀)樣御客體等之大綱は、第一、五ヶ年前參勤之節、松姫君(吉徳夫人)樣御逝去之段於御途中聞召、殊之外御氣を被打、其以後御勝不遊候得共押而御勤。然所去々年(享保七年)より右之方御眠氣御痛被見兼、御左眼へも御移に付、御療治被仰付候得共御宜無御座處、榎並立恰療治に而御左眼は御快。其後御右肩被痛、御腕もしびれ、御指も御不叶に付、前々より御服用も被遊候橘隆庵老御藥御用の處、御替無御座に付、澁江松軒老御藥久々御用之處、御右肩御痛は退候得共、方々へ御痛移、今年(享保九年)閏四月上旬比より、御背中身柱の邊より第四五節之邊迄強く御痛、御手醫師玄眞御藥、壽齋並寺島勾當御針差上候處、暫御快候得共指而御替無御座、御立歸隆庵老御藥御用之處、少々御快方に候得共、御背中並御統御痛強、御起臥に御難儀に付御近習之者奉抱、御食事之節も御右之手別而御不叶に付御箸難持、御側之者手を添指上、御大小用に被入候節は半疊に被乘、御近習之者奉舁。然處同月二十八日比より御小用御滯、五月二日比より御疲も被出御指重、昨日(十九日)より御食不召上、今二十日二十目計被召上、夜に入御不出來、隆庵老御指圖獨參湯指上。御庫藏より人參多出候處、古藥に成能利少き故、宗對馬守(義誠)殿へ被仰遣、新渡人參御用候。三日より參附湯御用、少々御脈勢等宜、味曾汁・團子一ツ之目五分八厘宛を十六、田樂二ツ半被召上。前記之通御醫師中詰方、且依(マヽ)而諸頭も朔日以來晝夜相詰有之候處、不其儀候旨被仰出。四日御不出來、隆庵老御療治御斷、岡道溪老へ御頼之處、御療治難成旨に候得共、中將吉徳)樣達而御頼に付御藥御調合。五日朝之内少御快、前記之通中將樣御閑談後御指重、道溪老參五匁姜二匁御調合。其後御手醫師中僉議之上、拾匁之獨參湯上之。六日次第に御疲被出、道溪老御斷、井關玄悦老え中將樣達而御頼に付御藥調合、十五匁之獨參湯御用。七日御同樣。八日玄悦老御診之上御大切至極と被申上、御藥御調合無之。依而河野松庵老等並町醫都合六人診之處、何も御療治無之旨被申上。九日南保玄隆參着、診之上一貼調合上之。最早御療養無之旨言上、栗本瑞見老も同樣に被申上。午刻過御大切至極、安藝・因幡(節姫・敬姫)兩御前樣等御對顏、御人佛に付池田玄貞・林伯立・久保壽齋御側に相詰有之處、午中刻御逝去。御年八十二。御治世七十九年。
〔政鄰記〕

前田綱紀畫像 侯爵前田利爲氏藏