石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第三章 加賀藩治恢弘期

第四節 極盛極治

直姫は二條家に入りし後、名を改めて榮君といひ、正徳三年六月三日辰君を生み、五年八月二十四日又永君を生みしかば、祖父綱紀が上の希望は勃々として禁ずる能はざるものあり。爲に享保二年以降毎年之を實行せんと計りしも、常に事に妨げられて果すこと能はざりしが、五年に至りて遂に素志を達するを得たり。この年綱紀江戸を發せしは四月二日にして、十五日その著するや即日二條邸を訪ひたりき。綱紀、榮君と相見ざること既に九年なりしが、今は則ち母儀となりて二女を育するを見、老懷喜悦に堪へず。後に林大學頭鳳岡に書を贈りて、『榮君え久々にて對面、互に□□難盡紙筆へ、殊孫□初而逢申候處、存候よりは□致成長、兩姫共にさいしん□質も宜敷、あひ〱敷御□、不覺長座仕候。』といへり。而して三條西家に在りては、夫人壽君已に前年三月逝去したりといへども、綱紀亦之を訪ひて、公福と義父子たるの誼を厚くし、更に舊故の朝紳と往來し、十六日には紫野大徳寺に至りて芳春院の靈廟を拜し、この日直に大津に出でゝ宿し、十八日大津を發して二十三日金澤に歸着せり。綱紀が滯前後僅かに二日にして倉皇退きしもの、實に幕府を憚りしが爲ならずんばあらず。綱紀の孫辰君は後に有栖川職仁親王の妃となり、永君は後櫻町天皇の中宮となる。榮君元文元年八月二十七日從三位に叙し、名を利子と改め、寛延元年十二月六日五十六歳を以て薨ぜり。