石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第三章 加賀藩治恢弘期

第四節 極盛極治

四海波穩かにして雨塊を破らざる時に當り、假令眞の戎事にあらざるも、兵馬を進め器仗を動かしゝ事あるは、亦頗る珍とすべし。元祿五年七月二十八日幕府は飛騨國高山城主金森頼旹の封を出羽國上山に移し、高山は爲に空城となりたるを以て、八月二十二日老中戸田忠昌は在江戸加賀藩吏をその邸に招き、加賀藩が隣境にあるを以て兵馬を派してこれに屯戍せしむべく、その人員と弓鎗鐵炮とは食邑一萬石に對する軍役に相當するものたるべきを以てしたりき。綱紀報を得て忠昌を訪ひ、幕府の命を諒としたることを告げ、次いで馬廻頭永井織部正良・使番平田清左衞門・横目中村伊兵衞をしてその任に當らしめき。初め閣老高山城授受の順序を定め、幕府の使番たる淺野伊左衞門先づ往きて城を金森氏に受け、而して伊左衞門は更に之を加賀藩に交付すべしとせり。然るに加賀藩にありては出張の準備已に整ひたるも、幕吏は尚その途に上らざりしを以て伊左衞門に督促して授受の期を定めしめ、九月十日綱紀は總將永井正良等に軍令を授け、翌日江戸を發して一たび金澤に歸り、次いで高山に赴かしめしが、出張の惣員一千人に達したりき。加賀藩が此の如く迅速に事を處するを得て、毫も紛雜の状を示すことなかりしは、一に綱紀が平生心を軍制百般の事に用ひ、武備を懈ることなかりしによるといへり。