石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第三章 加賀藩治恢弘期

第三節 白山爭議

差上申一札之事
 一、越前北國白山別當平泉寺名代大聖院・華王院訴上候は、白山三社之内越南(大汝)知之社、六年以前平泉寺より致修復候處、麓加賀能美郡尾添村之者打破、彼村より致修復替に付相咎候得ば、右社は尾添村支配之由申之候。是迄加賀口參詣人尾添村より案内いたし、三社之初穗をも彼者共致押領候儀より段々相長、近年種々我儘申募候。並越前國大野郡石徹白權現之社家大和儀、京都其外に而越之白山大權現開帳と札差出候に付、他國に而は平泉寺支配之北國白山開帳と心得候者有之由に付、大和方え紛敷段申遣候處、此方社家之筋を以致し候由、其上別山之社並別山室共に大和支配之旨申掛候。平泉寺儀式百石餘御朱印被成下白山別當に而、三社並五ヶ所之室共に公儀御造營所に而、毎度別當より御修復御願申上候。白山に神主社人と申者前々より一人も無御座候。然處麓村々何之由緒證據も無之處我儘を相働、越南知・別山室共に支配之由押領申掛け候。自今尾添村石徹白之者共一山・社中曾而差綺不申、山内え一切立入不申候樣に奉願候。且石徹白之者共、北國白山之梵字有之札寳印を猥に押出し、在々えも相賦り候由。此儀茂向後決而無用にいたし候樣に仕度旨申上之候。
 一、相手加賀能美郡尾添村庄屋彌四郎・與右衞門、長百姓五左衞門、惣百姓代勘兵衞差上候者、白山三社之内越南知社、六拾四年以前(延寳九年、六十三年カ)並四拾三年以前(元祿十五年、四十二年カ)御造營之 節共に、平泉寺は一切立寄不申、兩度共に越南知之遷宮導師高野山より被仰付、加州眞言宗寺院拾三(二)ヶ寺、其外尾添村より遷宮役人拾六人罷出規式相勤候。其砌御代官より、重而御造營迄は間茂有之候に付、隨分心を附け大切に可致旨村方え御申付被成候故、平泉寺は相構候場所に無之 右社は高野山持に而、支配は尾添村と相心得罷在候處、六年以前村方え茂不相斷何方よりか登、社之修復致候付、以後支配之障と存取拂、村方より修復直候由答上之候。
 一、越前國大野郡石徹白白山中居權現御主石徹白大和名代豐前、同神頭櫻井左源太夫、石徹白三郎兵衞答上候は、別山並別山室共に往古より石徹白之者共致支配來候に付、九年以前尾州名護屋、其翌年京都町奉行所え相願、於伏見神寳拜禮、神樂を奏諸人に拜せ、右助成を以七年以前別山之社並室共に致修復候、尤右之譯故開帳札は越白山大權現と相認候。右別山支配之證據には、別山之神躰先年濃州郡上之城主金森五郎八寄進に而、裏書に白山社家之最頂石徹白爲右衞門尉と彫付有之、大和先租に而社家に紛無御座之旨答上之候。
 右出入數回被御吟味候處、尾添村支配之爲證據古書其外白山縁起等差出候得共、古來造營之節杣取等之書付並縁起と申は、其社歟神主方に可所持處、村方に有之儀筋違に候。其上右縁起に茂越南知は尾添村之支配共無之、旁以御取用難成候。且返答書之内に、先規より山役金貳兩宛御預り所え相納候段有之に付、被御吟味候處、麓尾添村より加賀國之方禪頂迄勝手次第入込致山稼候。峰を越し越南知社有之方えは立入不申、加賀之方計り之山役金に付、是以證據に不相立候。六拾四年以前・四拾三年以前、三社並五ヶ所之室共造營之節、平泉寺より御奉行所え願出被仰付候。越南知高野山持に而尾添村支配に候はゞ、高野山歟尾添村より可願出處無其儀候。將又越南知遷宮導師高野山え被仰付候儀は別段之事に而、彼是以村方支配謂一切無之候。無證據之儀を申立、剩公儀御造營之社、其後別當より致修復候社打崩、村方より致修復直候段不屆之旨被仰聞、山入之者共に而右之辨無之、心得違仕誤入候。然共是迄毎年加賀口より參詣人有之節は、尾添村より致案内、散錢茂志次第申受候。四拾參年以前御造營之節加賀室も御造立成立候處、其以後風に而吹損候に付、村方より輕く建直、參詣人休息爲仕候。此度平泉寺申上候處、向後山止めに罷成候而は、村方數百年來參詣人導仕候處、大勢之者必至と難儀仕候。越南知支配と申上候儀は心得違に候間、以來曾而左樣之儀申間敷候。導案内等之儀は、古來之通幾重に茂奉願上候旨申上之候。石徹白之者共申上候は、尾州名護屋其後伏見に而、本尊白山之開基泰澄大師之像並神寳拜禮、神樂を奏爲拜申候。於京都向井伊賀守樣え、越之白山別山之社並拜殿爲修復開帳仕度旨相願候處、願之處被仰付候に付、開帳札は越之白山泰澄大師之御影並神寳拜禮、神樂を奏拜せ候之由相認候旨申上候に付、越之白山平泉寺支配に而、三社並室共に公儀御造營所に而候得ば、於京都右之通申立可相願樣無之、勿論別山之社並別山室致修復候儀筋違之儀不埒思召候。且別山之神躰裏書に郡上之城主金森五郎八と有之、並社家之最頂石徹白彦右衞門と彫付有之、大和先祖故別山之神主に而支配仕來り候由申上候得共、神躰は時之城主より寄進物に而、其裏に施主之名書付有之、並彦右衞門名彫付有之迚茂、領主に而認候物に候ば、神主社家之證據に御取用無之候。且豐前吉田之許状御改被遊候處、白山麓正一位白山中居權現之神主石徹白豐前と有之、別山の神主とは無之候。其外毎年遠州二諦坊爲祈禱參詣之節致旅宿、社家共致案内候儀彼是申立候得共、何を以別山神主に而可支配證據無之旨被仰聞、外に何に而茂可申立品無之、全く心得違仕申譯無御座候。向後は別山之神主社家抔と申儀は勿論、室共に支配と申事決而申間敷候。毎年美濃口より參詣人有之節、古來より石徹白之者白山三社え之導案内仕、初穗茂志次第申受、且別山之梵字有之札牛王寳印、毎年二諦坊參詣之節差圖次第差出之、其外國々在々旦那場え茂右之通相賦り、初穗申受渡世仕來り、並白山參詣人帷子と申を致着用參候に付、別山室に而別山之梵字を押遣、初穗三拾貳錢宛取來り候。此儀は石徹白計に無之、本社大御前之梵字は美濃室に而濃州阿名院押之、越南知之梵字は今冷水と申所之室に而阿名院地中持善坊押之、各初穗取來候。此段近年之事に無之、數年來之仕來りに御座候處、今度平泉寺申上候通向後山溜めに罷成候而は、大勢之者必至と相立不申候間、此儀は何分に茂古來之通被成下候樣にと奉願候に付、濃州阿名院並地中持善坊茂被召出、被御吟味候之處、阿名院申上候は、白山三社は養老元年泰澄大師開闢に而、同七年長瀧寺を是又泰澄致開起白山三社を境内に勸請仕、今以其通り有之候。此因縁に有之候哉、從往古白山美濃室え阿名院より院代差出置、參詣之者山帷子え大御前之梵字を押遣し、初種取申候。參詣人により美濃室より阿名院方之者導仕候茂有之候。持善坊は、今冷永と申所之室え持善坊罷出居候而、越南知之梵字を押、初穗取來申候。且又在々旦那場え、白山之梵字有之札寳印賦り候儀相違無御座候。阿名院には旦那少々有之、其外持善坊に不限、長瀧寺地中拾三ヶ坊、何茂國々在々に旦那有之、札寳印賦初穗取水相續仕候。此儀泰澄開闢以來之儀と相見え、いつ頃よりと申儀不相知、數百年之儀に御座候。昔は長瀧寺に古き書物共有之候處、明暦年中公事合に付御堂地(江戸)え持參、兵砌大火事に書物不燒失仕、只今少々寫等御座候得共、是を以證據に茂難申上候。共上長瀧寺には寺領御朱印茂無御座、惣而書物類曾而無御座候得ば、強而可申上樣無御座候。然共此度平泉寺申上候通、向後外之者山留め仕、阿名院・持善坊共に白山之室え立籠り候儀不相成、在々え之札寳印茂停止仰付候而は、長瀧寺儀泰澄大師開闢之地に候處、元祖之白山を取失ひ、其上阿名院初地中拾參ヶ坊至極之貧窮に而、白山參詣人並札寳印之旦那助成を以漸取續申候處、大勢之者必至と難儀仕、一山相治り申間鋪候。泰澄大師格別之由緒之地に御座候間、何分に茂是迄之通被成置下候樣相願候。且又阿名院之由緒東叡山に有之候を寫申請候由、今度平泉寺より差上候處、白山大御前別當阿名院と有之、其外別山・越南知初諸社を認、右堂社白山に有之表別當阿名院古來より相勤候由認有之候。此段阿名院え御尋之處、長瀧寺往古は無本寺に而候處、明暦年中より東叡山御末寺に罷成候。大明院御門跡之節御致有之、古來より之由緒勤方旁を以相認候哉、先住代寳永五子年に由緒書書上げ申候。當阿名院は六年以來之住職に而、前々之儀は不存奉候。持善坊儀共に、何故室に籠り札寳印等差出候證據之儀は可申上品無御座旨申上之候。延寳年中初而從公儀三社並に五ヶ所之室共に御造營仰付、其以後元祿年中平泉寺より相願、是又三社室共に御再建成下儀。右室之儀は諸國參詣人之爲に古來より有來候犧と相見え、御造營之砌平泉寺より棟札茂打候得共、別山室は石徹白、美濃室は阿名院、加賀室は尾添村支配之樣に、平泉寺よりは一向不相構差置候付、其以後右之者共より建置、修復等もいたし、美濃口參詣人は石徹白より案内いたし別山室に籠り、加賀口は尾添村より致案内加賀室に籠り、美濃室には阿名院籠り來候。右之通之仕來に候得ば、室は御造營已前より年久敷有來、麓口より案内仕來事に候。依之此度被仰渡候者、石徹白尾添村證據茂無之儀申募、不屆に付山留め可仰付候得共、數年之仕來りに付、石徹白尾添村之者是迄之通導案内いたし、別山室・加賀室に籠、參詣人給物(タベモノ)等之世話いたし候儀も、只今迄之通可致候。右參詣有之時節には、平泉寺より三社え人差出置、令開帳拜せ、初穗茂平泉寺え可取納候。石徹白尾添村案内之者猥に致開帳拜せ、初穗取候儀は決而仕間敷、並別山室に而石徹白之もの別山之梵字を押初穗取候儀、社家之有之間敷儀に候間、向後一切停止に被仰付候。且美濃室に而阿名院大御前之梵字、今冷水室に而持善坊越南知之梵字押出し、是又初穗取候儀は、泰澄大師之由緒申立候得共、境内に白山三社致勸請之上は平泉寺持之白山室え罷出梵字可押出、謂證跡曾而無之に付、自今兩人共に室に而梵字押出候儀一切致間鋪候。參詣之者導致候儀は勝手次第に候。曁加賀口より參詣之者は、尾添村之者に而梵字押候事無之、越前口參詣之者茂望候得ば平泉寺より梵字押遣し、望無之ものえは押不遣候由に候得ば、梵字は無之候而茂參詣不苦儀と相聞え候。將又石徹白之者並阿名院・持善坊初地中拾三ヶ坊共、在々旦那場え札寳印賦り候儀古來より之事と申上候得共、北國白山之札寳印猥に可賦樣無之候。三社勸請茂有之事に候得者、向後は別當平泉寺より請候而可賦候。只今迄之通面々自分に拵候而賦り候儀は堅く停止に被仰付候。且室之儀は不平泉寺より自今致修復、參詣人難儀無之樣可致候。外より一切差綺申間敷候。尾添村之儀、縁起所持候より事起り、無謂儀を申募り、御造營之社別當より致修復候處我儘に打崩、村方より修復致直し候段不屆千萬に付、過料錢五貫文被仰付候。向後越南知・加賀尾添村之支配抔と申儀、決而申間鋪候。並白山縁起之由、二軸寫壹通差上候。是は百姓之手前に可所持譯に無之候間、此度平泉寺え可相納候。石徹白之者共茂無證據之儀を申募、其上於上方泰澄大師之影像開帳之節、越白山權現之開帳と申弘め諸人を惑し候仕形、剩京都奉行え別山社並別山室修復爲助成と筋違之儀を申立相願、旁以不屆に付、是又急度御咎可遊候得共、心得違候由申上候付、石徹白大和・櫻井佐源太・石徹白三郎兵衞、於在所逼塞仰付候間、急度相愼可罷在候。向後別山室支配神主抔と決而申間敷候。平泉寺儀茂、惣而是迄一山取計不沙汰に致置候故紛敷儀茂有之、別當職分甚不埒に候。此以後一山相治候樣急度可相守旨、双方え被仰渡候趣逸々承知仕奉畏候。若相背重而及出入候はゞ、何分之曲事に茂可仰付候。爲後證双方連判證文差上申處、仍如件。
                         越前北國白山平泉寺病氣に付名代
    寛保三年亥六月廿五日
                       訴訟方      大聖院  求  宏
                                華王院  泰  堂
                         加賀能美郡尾添
                       相手方     庄 屋  彌 四 郎
                                    與右衞門
                               長百姓  五左衞門
                               惣百姓代 勘 兵 衞
                         越前國大野郡石徹白白山中居權現神主
                         大和病氣に付名代
                                   石徹白豐前
                               同神頭  櫻井左源太夫
                               同社人  石徹白三郎兵衞
                         美濃國郡上郡長瀧寺
                               阿名院  妙   海
                          阿名院地中持善坊  覺   圓
      御評定所
 右大聖院求宏・華王院泰堂・阿名院妙海・持善坊覺圓え被仰渡候趣、拙僧一同承知仕候。依之奧印仕差上申候。以上。
                               上野執當 覺 王 院
〔平泉寺文書〕