石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第三章 加賀藩治恢弘期

第三節 白山爭議


  乍恐謹而言上
                     加賀能美郡白山尾添村庄屋
                            訴訟人  次郎兵衞
                                 病氣不參
                            同年寄  五左衞門
                            同 斷  甚左衞門
                     越前國大野郡白山牛首村庄屋
                            相 手  左  助
                            同    五郎右衞門
                            同    利右衞門
                            同    五郎兵衞
                     同國 同郡 風嵐村庄屋
                            同    七郎兵衞
                            同    源左衞門
 一、私共儀、白山尾添村之者共にて御座候。尤白山禪定仕申道筋には、加賀口・美濃口・越前口三方之道筋御座候處に、加賀口之道筋より諸國參詣之道者尾添村より先達仕、御初尾錢參詣之衆心打次第申請候。然處に牛首・風嵐兩村より白山御峰に三十人宛番人付置、諸國道者中御初尾錢之外壹人より錢貳百文宛理不盡に引取申候。錢無乏者をば着類等まで引取難儀爲致候付、參詣人語傳道者も無御座候に付、尾添村退轉申候。剩尾添村より參詣之道筋も、土地共に牛首・風嵐兩村支配之由、且又貳百文宛道者中より錢取申儀泰澄大師御授之由、御代官宍倉與兵衞樣まで以書付右兩村之者共申上候付、私共返答書仕差上置申候得共、埒明不申に付御斷申上候。定而兩村之者共方には、奉澄大師右之通御授被成書物抔所持可仕奉存候。乍恐委細被聞召上下候。右之通兩村之者共白山御嶺に而我儘仕申に付、參詣人も無御座尾添村退轉迷惑仕申候御事。
 一、從先年白山社頭御建立之節は、白山御神躰御抱守は尾添村より仕來、則從禁中綸旨下置、頂戴所持仕申御事。
 一、先年結城七郎四郎(宗俊)樣、加賀領之内山奧百貳拾ヶ村御支配被成、御在所は福岡村と申所に被御座候。其節白山禁中建立、則御支配之儀結城七郎四郎樣へ被仰付候處、杣取之儀牛首・風嵐之者共に被仰付候故、尾添村之者共迷惑に奉存、往古より無別儀禁中樣へ訟申上候へば、結城七郎四郎樣京都へ被召寄御詮議、向後白山杣取之儀尾添村之外爲他村支配爲致間敷旨、結城七郎四郎樣誓紙被仰付候。則其神文禁中樣より尾添村へ被下置、所持仕申候御事。
 一、先年結城七郎四郎樣へ、白山惣長吏澄辰法印白山杣取之儀相論御座候而、雙方禁中樣へ被參内候處、七郎四郎樣申分相立不申、御評定樣方拾壹人より、向後白山杣取之儀尾添村相違間敷旨御下知状被下、是又所持仕候御事。
 一、先年加賀國主佐久尚玄蕃樣・越前國主柴田修理亮樣山内御伐取被成候節、尾添村越前之領分に可罷成所、白山之儀は加賀之御山に而御座候に付、私共儀白山御守別當之筋目を以申譯仕、加賀之御領分に罷成候處、三拾壹年(寛文八年)以前白山之儀に付加賀越前申分出來仕候に付而、白山御公儀樣へ被召上、只今は御公領地に罷成申候。就中白山御社頭及大破申候に付、去る丑九月(元祿十年)社頭御建立成被下候樣に御代官樣迄願書指上申所に、牛首・風嵐之者共も願書指上、私共奉願書付御押可下候樣に御代官樣迄書付を以申上候。ヶ樣成仕合近頃押領至極之申分と奉存御事。
 一、承應三年(明暦元年ノ誤)に、松平加賀守樣御袋清泰院白山建立爲旨に而材木共登山、則被先規尾添村之者共に杣取支配可仕旨被仰付、畏御請申上候處に、此段牛首・風嵐兩村之者共承、尾添村之者共に支配爲致申間敷旨に而、數百人を催、弓鐵炮所持仕、白山御峰に相待罷有候に付、右之趣松平加賀守樣御老中迄申上候へば、左樣成一揆企申儀難心得思召候。白山社頭御造營之儀も、天下泰平之御爲に御建立成候處に、兩國之百姓共申分出來仕候へば如何敷候。其上加賀守樣今以御入部も無之處に、纔成百姓共之出入劇敷罷成候へば、御公儀樣え惶に被思召候。其方共今度杣取支配不仕候段、殘念に可存候へ共堪忍可仕候。縱登山之材木は朽申候共、聊も構申間敷旨被仰付候故、不是非堪忍仕申御事。
 一、泰澄大師白山御開闢被成御道筋並杣取支配之儀、大師御作之鑑卷と申に御座候。此卷物先年加賀守樣え被召上候御事。
 右之趣御慈悲を以被聞召上、右相手三人被召出、御詮議之上を以、向後我儘押領不仕候樣、急度被仰付下置候はゞ難有可存候。仍而奉訴訟状如件。
                    白山尾添村庄屋
    元祿拾壹年寅三月                     次郎兵衞 印
                                  病氣不參
                            年 寄  五左衞門 印
                            同    甚左衞門 印
      寺社御奉行
 如(裏書)訴状差上候間、致返答書、來る七月九、大和宅内寄合え罷出可對決、若於不參者可曲事者也。
    寅五月七日                        大   和 印
                                 能   登 印
                                 伊   賀 印
                                 志   摩 印
〔平泉寺文書〕