石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第三章 加賀藩治恢弘期

第三節 白山爭議


  猶々杉田九郎兵衞儀、今月廿日此地發足濃州に罷在候旨。九月中に白山近所へ可參と存候。以上。
 一筆致啓達候。然者白山近所之郷村加賀越前百姓等、從先年諍論仕に付、尾添村・荒谷村御差上げ被成度由、保科肥後守殿より御老中へ被御入候趣被上聞候處、越前殿御領勝山領之内牛首十一ヶ村・丸山五ヶ村合十六ヶ村高辻貳百三拾石之所、當申年(寛文八年)より御代官杉田九郎兵衞請取仕置可申付候。加賀守殿より御上被成候尾添・荒谷兩村高百七拾壹石餘之所も、同九郎兵衞御代官仕旨被仰出、則加賀守樣へも右之爲替地、江州御知行今津同郡之内海津之中村と申所被遣候。當申之物成より御所務候樣に可相渡旨、彼地之御代官小野惣左衞門方へ御勘定所より證文差越申候。本紙は則横山外記方へ相渡候間、外記進上可申候。其より惣左衞門方へ被遣、替地之中村御請取可成候。右證文之寫仕、書状に包入進候。將又越前守殿預所之内より杉田九郎兵衞請取申候牛首・丸山十六ヶ村之書付も、爲御心得別紙に進候。拙子方御渡置之繪圖には村數十七在之候へ共、牛首拾壹村・丸山五ヶ村合拾六ヶ村之由に候。此拾六ヶ村之枝村繪圖に有之候故、拾七ヶ村見え申候哉と存候。此外別村近邊にも無之由、紛は御座有まじく候。杉田九郎兵衞儀、久々御勘定場之御役仕、近年は但馬山御代官仕候故、拙子共舊知に候間心易申談候。御用儀も候者肝煎申樣にと隨分申含候。九郎兵衞に猶被仰達度御用候ば、拙子方迄成共可仰下候。次に御指上候尾添・荒谷も、本高にて書付指上申候。高之外、尾添村役銀百貳拾目・荒谷村山役銀三拾目、先年被下候覺書之内在之候へども、郷境中野川切に御定に而御差上可成との事に候間、若前々より尾添村・荒谷村之者ども、中野川より北石川郡之内山之内に立入候而右之山役銀出し申に候はゞ、中野川切に成候而、右貳ヶ村之者自今以後川より北石川郡之山へ御入有間敷との事に候はゞ、只今此役銀兩村に付候而御藏入渡候ば、百姓申分に可成事と存候間、其段無心元存、兩村之山役銀は公儀へ上り申候書付には先書入不申候間、於其許能々御穿鑿之上、川切之郡境に成候間、川北石川郡之山へ入不申とても、近年之御定に而山役銀出し申筈に候者、山役銀も九郎兵衞へ收納候樣に其元にて可仰渡候。此儀は無心元存候故、拙子心得に而書殘し申候。數年如此相調申度存候而、折々御老中へも申達候處、今度首尾能相濟、於拙者式大悦に存候。恐惶謹言。
    八月廿五日(寛文八年)                        岡田豐前守
     前田對馬等三人樣
〔加州白山爭論一件〕
       ○