石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第三章 加賀藩治恢弘期

第三節 白山爭議

口上之覺
 爲御立願今度越前白山社頭御造營成由に付、人夫少々登山之旨所之者申來候。左候はゞ此方へ可御斷儀如何と存内に、越前守(松平光通)御暇被下就歸國申達候へば、御立願と有之上は、いづれの國の社頭造營も可之事か。然共古來より國之守護修覆申付來儀、其上今程は從公儀御預け領之事に候へば、左樣之儀越前守年若に而難心得候間、寺社奉行衆えも相尋、可其上之儀候條、無子細造營候はゞ、幸杣取牛首・風嵐之者仕來、遷宮平泉寺賢聖院執行之儀從前々例に候へば、所の者をも申付、人足等御馳走可申由越前守被申候條、左樣御心得可仰上候。以上。
    七月三日(明暦元年)                    本多内藏助
                                  狛 伊 勢
                                  有賀小右衞門
      加州御老中
〔加州白山爭論一件〕
       ○