石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第二章 加賀藩治創始期

第九節 金澤城及び城下

金澤城元和六年十一月二十四日長局の失火によりて再びに罹れり。この時利常夫人は難を興津内記の邸に避け、利常は北丸なる山崎光式の邸に入りしが、翌日更に横山長知の家に轉ぜり。因りて翌七年五月二十四日地鎭祭を執行し、次いで成る。この時城地の繩張稍變更せらるといふ。一説にこの火災元和三年に係くるものあるは誤謬にして、元和六年十二月二十四日とするものも亦非なり。

 御本丸表・奧方の御屋形のみ燒失して、類火の屋形はなかりけり。神谷式部・大橋九郎兵衞・中村刑部等に被仰渡、道具に少しも無構、人を損ず間敷旨御意(利常)あり。隨分四方の戸障子・門々を打破り、男女共に引退き、玉泉院(利長夫人)殿方へ入る人も有、村井飛騨屋敷へ立退もあり、當分御借家にて御越年被成けり。晝ならば難なく火は可消所に、夜中の儀也、奧方より出る火也、御賄道具・當分御用の家財共は燒けれ共、人にあやまちなく、御機嫌もよかりければ、誰あやまりと御しかり可成人もなかりけり。近々御作事可仰付と思召所に、結句幸の樣に思召こそ目出度けれ。年頭の御禮に波著寺法印登城して、御道具の儀は不苦、上々樣方御恙無御座段目出度奉存由申上る所に、利光公(利常)の御意には、人も不損、道具の儀も構なし。何よりをしきは、其方より上たる火ぶせの札を不殘燒たるをしさよと御意の所に、波著寺申けるは、定て御身に替り申にて可御座と御答へ申ければ、さもあらんと御笑被成けると、後々迄申傳へけり。
〔三 壺 記〕
       ○

 尊書拜見忝奉存候。如貴意當城不慮之火事致出來、無是非仕合御座候。被御念早々御飛脚、恐悦至極奉存候。猶從是可御意候。恐惶謹言。
    十二月十七日(元和六年)                     松平筑前守(利常
      常   眞 (織田)樣
         貴   報
〔元和六年書状案〕